既卒就職ガイド

既卒から就職目指すなら | 押さえておくべき戦略ガイド

既卒のための効率的な就職活動

1.既卒時代の整理の仕方

 就職氷河期時代にあたり既卒となった人にとって、就職活動を行う上での一番悩むところが、実は既卒理由ではないでしょうか。そこで、どのような観点で整理して、どのように相手に伝わるようにアピールすればよいのでしょうか。具体的なポイントとなるのは、既卒になった理由と、それに対してどう思うのかという気持ちや気づき、それを克服するために努力していること、その経験をどう生かしていこうとするのかということになります。これはむ難しく考える必要はなく、新卒の就活でうまくいかなかった場合には、当時の自分を振り返り、それをどう補うのか考えてみることから始めます。

 

2.自分一人で活動しない

 既卒期間について自己反省や本音に気付いたら、ここから就職活動を積極的に始めてみます。もちろん正式に就職したことがありませんし、新卒でもありませんから就職活動では、どんな情報媒体を利用したらよいのか、どのように進めていけば良いのか不安や疑問、迷いも多いことでしょう。一人でインターネットを利用して情報収集するのは、時間と労力だけの消費となりますから、最初にハローワークやジョブカフェ、地域の就職サポートステーションを利用します。これらには、無料で就職コンサルタントを利用することができますから、カウンセリングを受けてみることから始めます。そして、具体的な就職活動に必要なアドバイスをきき、求人の探し方などの疑問をぶつけてみて、そこから就職活動全体の流れや始め方、進め方などイメージを掴むことです。

 

3.就職活動を具体的に始める前にすること

 実際の就職活動では、やるべきことがたくさんあるため、進捗状況によっては焦ることもあるでしょう。しかし、これは自分自身との戦いでもありますから、まずは落ち着いて、自分の状況を把握することから始めてみます。そして一つ一つクリアしていくことが大切となります。就職活動では、事前準備をしておくことが大切となりますから、やるべき事としては

 

  • 新卒向け、第二新卒向けなどの求人サイトや、既卒支援しているエージェントを利用して求人情報を収集します
  • 既卒理由をはじめとする応募書類の作成方法を、キャリアコンサルタントからアドバイスしてもらいます
  • とにかく就職するのではなく、自分はどう働いていきたいのか職種や業界を複数検討する

 

4.終わり

 既卒の就職活動は、求人探しには始まり、相手に納得がいくような既卒理由を考えるなど一つ一つのフェーズが重要となります。うまくいかない場合には、一人で悩まずに、キャリアコンサルタントや、企業の説明会、セミナーなどに参加してみることも現状を打破するきっかけとなります。

 

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
スカウト機能を使えば、企業側からオファーが届く!

ホーム RSS購読 サイトマップ